« eStore での Forge クラウド クレジット購入 | メイン | BIM & Forge セミナーのサマリー »

2019/01/28

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

BIM初心者

A360 Personalでプロジェクトに保存したレビットの3Dデータを、外部の関係者に共有(レビュー)する使い方を模索していますが、有償版にアップグレードする場合のサービスの選択肢が良く分からず困っています。
BIM360Docsにはビューを共有できるコマンドが無なさそうですし、A360ドライブに保存したデータの共有ですと、生成したURLにアクセスすると「AutoDeskViewer」で閲覧することになり、A360上での閲覧が出来ないような気が・・、なにか良い選択肢をご存知でしょうか?

Toshiaki Isezaki

A360 上で2D/3D データを表示する Viewer も、BIM 360 Docs の Viewer も、あるいは Autodesk Viewer https://viewer.autodesk.com/ も、すべて Forge Viewer を使って作られています(ベースバージョンが少しづつ異なりますが)。
ですので、この場合、Viewer が、どこに保存されたデータを表示するか、といった視点で見ていただくといいかと思います。A360 でデータを共有した場合には、当該データを第三者が表示することになりますが、データファイル自身がどこか別の場所にコピーされたりするようなことはありません。共有をした所有者の A360 ストレージのデータがそのまま表示されます。
ちなみに、A360 Drive 側から共有すると Autodesk Viewer とタイトルされてビューアが表示されますが、A360 側から共有すると A360 のタイトルでビューア表示されます。ただ、前述のとおり、データの出どころは共有したデータ所有者のストレージ上にあることに変わりありません。もし、「Autodesk Viewer」のタイトルが問題になるのであれば、フォルダベースの A360 Drive ではなく、プロジェクトベースの A360 からの共有をお勧めします。
さて、有償版の利用をご検討いただく場合には、(BIM 360 Team は新規販売が停止されているので)BIM 360 Docs が選択肢になってしまいます。Docsは、もともと厳密にアクセス権限の指定した上でプロジェクト、参加ユーザ、企業を定義が前提となっています。ある意味、その状態で、プロジェクト メンバ間で初めからデータが共有状態になってしまうので、A360 のような「手軽」で「ワンショット」な共有がないのが悩ましいところです。

この記事へのコメントは終了しました。

2019年6 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Technology Perspective Authors


  • Shigekazu Saitou
     
    Toshiaki Isezaki

    Ryuji Ogasawara
       

Technology Perspective RSS Feed