« 日本発の Forge 活用事例 | メイン | Forge App Framework Cloud Accelerator »

2018/06/18

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

すぎすぎ

forgetとの関わりがまだわからず(>_<)

Toshiaki isezaki

たとえば、特定のユーザに Forge 経由で公開されている BIM データがあって、感圧センサーの情報やセキュリティカードでの入門情報と同時に視覚化できていれば、音声でXX会議室にいる人数や誰がいるかなどを確認できるかもしれません。BIM は視覚化出来るジオメトリデータと文字だけのメタデータを持つデータベースなので、部屋の面積を取得して、何平方メールの部屋に何時くらいに何人いると部屋が暑くなりそうか判断させて、機会学習でエアコンの温度を自動で下げるとか、映画みたいな今年はが実現できそうな気がします。複合データの1つに利用したら、いう発想ですね。

Toshiaki Isezaki

https://m.youtube.com/watch?v=38BJkQPhj_o はIBM Watson の例です(音声有り)。

この記事へのコメントは終了しました。