クラウドサービス

以前のこちらの記事で、Forge Viewewを使った2D図面と3Dモデルの連携方法についてご紹介をいたしました。 Forge Viewer:イベント処理と 2D / 3D 連携 Forge Viewer:2D シート/レイアウト のブログ記事でご案内したとおり、2D シートと 3D モデルが 1 つのシードファイルに存在する場合、同ファイルを Model Derivative API で変換して 2D 情報を Forge Viewer 上で表示することが出来ます。この際、変換された viewables には 3D 情報も同時ぬ含まれているので、表示するカンバス領域(<div>~</div>)を個別に定義することで... この記事では、2D シートと 3D モデルが 1 つのシードファイルに存在する場合に、Forge Viewerでの一意の識別子であるdbidが2D、3D双方で同一であることを利用して、相互に連携をする方法について、Revitのデータを例にしてご紹介をしています。 それでは、Inventorの2D図面と3Dモデルについても同様の手法で2D図面と3... Read more →


2022/01/26

2022/01/20

2022/01/19

2022/01/17

2022/01/05

2021/12/27

2021/12/22

2021/12/20

2021/12/13

2021/12/08